【門灯プロジェクト】1話完結

おちょぼ家の周囲では、夜になると道路が暗いので

防犯のために門灯を点けている家が多いです。

夜遅く帰ってくると、人感センサーで点灯してくれたりします。



一方、おちょぼ家は建売住宅なので、門灯はあるものの、

人感センサー、明るさセンサーなどと気の利いた物はついておりません。

そこで、帰るラインが来てから門灯を点け、帰宅したら手動で消灯する。

という手動運用をしています。


しかし、考え事をしていたりするとときどき消すのを忘れてしまいます。

消費電力は、LED灯なので6W程度ですから微々たるものでしょうが、

電気の無駄ですね。


というわけで、門灯プロジェクト始動です!

まず、今ついている門灯の型番を調べ、サイズや取付け穴の位置などの

互換性があるセンサー付きの門灯について調べました。

しかし、センサーがついていて現在と取付け穴のピッチが同じ物はありませんでした。


おちょぼ家の門灯は、ブロックの門柱についているので、コンクリートドリルで穴開けが必要です。

ドリルと、ハンマードリルを買ってきたら新しい照明が1式買える値段です。



そこで、さらに調査したところ、タイマーで勝手に点灯消灯をしてくれるスイッチを発見しました。

スイッチボックス内に綺麗に収まるようにできているパナソニック純正品。

画像


アマゾンでポチッとして、綺麗に収まりました。
※取付けには第2種電気工事士の資格が必要です。

センサー付きの照明器具に付け替えるよりも安く対策できました。

これで、点け忘れも消し忘れもなく、防犯対策ができそうです。

というわけで 【門灯プロジェクト】 完!




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

おちょぼの妻
2018年05月12日 18:55
便利ですね!
おちょぼさんは電気工事士なんですか?
管理人
2018年05月12日 19:07
電気工事士ではありませんので、取り付けは依頼しました。

この記事へのトラックバック